FC2ブログ

キレイ日記

住まいのおそうじやお直しのちょっとした裏技や日々の出来事を綴ります。
Posted by kankyo211   3 comments   0 trackback

夏を彩る 日本の色

東北地方もようやく 昨日から梅雨明けした模様です。いつもよりずっと早いです。

去年は、東北地方 確か梅雨明け宣言出ていなかったから、

約一年ぶり梅雨明けです。 あ??長かった??(笑)



うっとおしい梅雨がいよいよ明けて 夏の爽やかなでキレイな青空が戻ってきました

蒸し暑い梅雨を過ごす日本人にとって”青”は、昔から待ち遠しい色だったのでしょうか

江戸時代、大名から庶民まで広く使われる色として定着していたようで、

明治時代に日本を訪れた小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)も道行く人々の衣服や街頭で目に

する色に藍色(青)の多いことにふれています。

現代の夏物衣料は、白系統が主流ですが、夏のきものって、藍染物が多いと思いますが、

なぜが、白物よりすずしさをまわりに感じさせてくれるものですね。




そういえば、ワールドカップ日本代表のユニフォームに青が使われているのも、

こうした事情に由来するものでしょうか

ちなみに わがモンテディオ山形も、おなじみ モンテブルー

17日(仙台戦)は現地にはいけなかったのですが、ラジオ中継ですら、モンテの快進撃が

ひしひしと伝わってきました(3対1) 快勝おめでとう!! 快進撃がこのまま続くことを祈ります。!!


    
梅雨明けのすがすがしい 青空のごとく



青い珊瑚礁 松田聖子


スポンサーサイト