FC2ブログ

キレイ日記

住まいのおそうじやお直しのちょっとした裏技や日々の出来事を綴ります。
Posted by kankyo211   2 comments   0 trackback

少年時代

道向かいのお店屋さんにお使いを頼まれた ”小学生のぼく”

季節はミンミン蝉が鳴き叫ぶ 暑い~~真夏なので ぼくは、ランニングシャツに短パン姿 サンダル履き

道路は、アスファルト舗装なんてないから車が通るたびにほこりが舞い上がっていました。


その時、道路の端に立ったぼくは心の中で葛藤していました。

 
 「向こうから トラックがやってくるなぁ~~」

  「その前に わたれるかなぁ~~ ひかれちゃうかなぁ~ でも 

  トラックが通り過ぎた後では・・・ ブハッ・・ブハッてなるし~~~  」


  「だんだん トラック近づいてくる~~」

  「もう 考えているひまはない!!」

「よし!! 今だ!!  わたっちゃえ~~~!!!」

ダダダダッダ~~~~



一目散に、無我夢中で 道路を無時!!渡りきり ほっと したのも



つかの間


ギギギギ~~~~~ギィ~~~  
 見事に直前ストップ!!


   その時 感心してる場合じゃないけど、感心!!してた  ”ぼく”



「こらぁっ!!~~ このガキ~~!! 
ひかれたらどないすんねん 飛び出しなんかすんじゃないっぞ!!~~~  い~~か~~わかったか~~ !!」
 (大声)                                       
             (ここは東北の片田舎なのに何故か関西弁 !?)


というわけで、その時、トランクの運転手さんが見事に直前ストップしてくれなかったら

ぼくは、ここにいなかったわけで、 命の恩人です。ありがとうございました。

でも そんな命懸けのダッシュをやっていたので、小学校ではいつも一位のリボン付けてもらってました。

エヘン!!   でも↑ 現代を生きる良い子の皆さんは決してマネしないように!!

※ 昔の運転手さんは、こういう子供の飛び出しは想定内だったのでしょう



と、そんな記憶が思い出されたのは、

本日、街の中を走行中(とてもスローに) お仕事の最中と思われるちょっと年配のおじさん

突然 飛び出してきて、ゆ~っくり 歩いているではありませんか!?

そう 「もう俺は、先に渡ったんだからひくならひいてみろっ!!」 って感じでね

 
「ぼくの少年時代には、命がけの飛び出しだったのにぃ~~」 


最近 交通マナー教育のおかげ? 子供の飛び出しって、あまりなくなったような気がしますが、

ダッシュ持続力のないご年配方の " 昔取った杵柄飛び出し”   があるようですから、

気をつけないといけないと思いましたので、書き留めてみました。


そんなわけで

 知らないおじさんでも 雷のように怒られた経験ってとても大事なことだったんですねぇ~~

 今更ながら あの雷おじさんに感謝しております。  

 



   お礼の一曲 ↓です

     少年時代
スポンサーサイト