FC2ブログ

キレイ日記

住まいのおそうじやお直しのちょっとした裏技や日々の出来事を綴ります。
Posted by kankyo211   0 comments   0 trackback

ブータンに学ぶ

ブータンのワンチュク国王夫妻が国賓として訪日されました。

 無時帰国の途につかれたましたが、滞在中の6日間、多くの人々がこの若い二人に魅了されたことでしょう
民族衣装が日本のきものによく似ていることや、顔つきが似ているというのも親近感を強く感じました

 国王は東日本大震災の被災地の小学校を訪ね、児童たちに国旗に描かれた竜の話をされました。

ブータン国旗


ワンチュク国王の言葉

「皆さんは龍を見たことがありますか?

私はあります。

皆さんそれぞれの中に龍はいます。
龍は『経験』を食べて大きくなります。
年をおうごとに龍は大きくなるのです。

皆さん、自分の中の龍を
大切にしてください。」


と 震災経験から成長していくよう子どもたちを励まされたのです。

すばらしいですね!!自国の国旗に込められた思いを他国の子供たちに確信をもって伝えられるなんて

 最近では、首都ティンプーに職を求める人々が流れ込み、ビルの建設ラッシュや物価上昇などが見られるそうですが、それでもこの国は、自然環境や伝統文化の保持・持続可能で公平な社会をめざしており、
前国王が提唱された国民総幸福量(GNH)を、先進国からは熱い目で見られているのです。

 それに、わたくしが、この国に特に関心をひいたのは、
ブータンの 最大の輸出品は水力発電 だということでした。

自然を破壊する巨大ダムではなく、山の傾斜を生かした小規模発電で多くの電気をインドに送っているそうです。

確かに経済的にはとっても豊かになった日本 
でも このたびの原発事故や節電を経験した私たち日本人は、本当に幸せになったのだろうか?
ブータンから学ぶべきことは実に多いなぁ~と思いました。

  

     ワンチュク国王夫妻 ありがとうございます。 
          そして 末永くお幸せに!!
  
      

スポンサーサイト