FC2ブログ

キレイ日記

住まいのおそうじやお直しのちょっとした裏技や日々の出来事を綴ります。
Posted by kankyo211   0 comments   0 trackback

海に行きたい!

いつもの通り、朝の散歩でひとあせかいて、シャワー浴びても今日も暑い!

ホント続きますね~~ この暑さ!朝はまだ我慢できる暑さでも
夜になって、日が落ちても、昼の暑さ持ち越しのような暑さ・・・
皆さまのところはどうですか?
というわけで、 今日はこんな真っ青な空、
本日(19日)盆休み最終日(16~17営業)です。

海に行きたい~~

というわけで、新潟経由で日本海の海に出ました。
目的地は 笹川流れ(ささがわのながれ)

Semami.jpg
↑泳いでいるつもり

笹川の流れ (3)

真っ青な空に真っ青な海 わたくしの大好きな色ですが、
普段緑系にはことかかないのですが、あまり御縁のない 青い世界
しっかりこの目に焼き付けてきました。
ここ笹川流れは、国の名勝天然記念物(県立自然公園)に指定されており、
延長11kmに渡って見事な景観をみせてくれます。
連続カーブを運転しながらなので、しっかり見ることができないのですが、
無数の奇岩、絶壁、洞穴が連続して迫ってくる感じは超ダイナミック!!
まさにキレイを通り越しています。

その名は、岩の間を盛り上がるように流れる潮流を、
中心地笹川集落の名にちなんで付けられたといいます。

もっともっとゆっくり、のんびりしながら ~
広~~い 海が夕日色に染まる景色もじ~~っと見てみたくなりました。


Posted by kankyo211   2 comments   0 trackback

花笠祭り 50周年

昭和38年(1963)に開催された花笠祭りが始まって 今年で50年という節目のお祭りでした。

わたくしは、ここに来てからですから そのうちの半分26年 3夜連続で見続けてきました。
店の間に出店を出して、接客しながらですけど。

DSCN9297.jpg

わたくしが来た当時は、花笠グッズ(花笠、人形、ぞうり・・・)が飛ぶように売れていました。
今は、各旅館でお求めになる方の方が圧倒的に多く、数年前からは、飲み物だけに絞っております。
それに、加えて以前はカメラのフィルム・電池などの需要もかなりありました。
それが、ここ数年の間にあっという間にデジタル化してしまい、
カメラ関連の需要もすっかりなくなってしまいました。
以前はカメラごと渡されて 「これにフィルム入れてくれ」というお客様が結構いたものです。
ちと めんどくさいなぁ~とは思いながらも、入れてる間「お客さんどちらから~」なんて聞くと、
九州・大阪・四国など ・ ・ ・  いろんな遠い県から来ていただいている事がわかり
居ながらにして、他県の人とのふれあいが出来たものです。
今は、それがないのでちょっとさびしい感じがしますね~。

そんな 世の中の移り変わりを見ながら 花笠祭りを楽しんできました。

『花笠踊りパレード』は、最初、蔵王の観光開発とPRを目的に行われた
「蔵王夏まつり」のイベントの一つだったのだそうですが、大変な好評を得て
昭和40年からは単独の『山形花笠まつり』として行う現在の形となったそうなのです。

それが 今では、毎年8月5・6・7日、山形市内のメインストリートで山形の夏を彩る、
東北を代表する夏まつりの一つとして全国的に親しまれるまでになり、
3日間の人出も100万人超という大きなお祭りとなりました。


花笠まつり
↑ 花笠むすめさんたち も ↓先輩花笠むすめさんのように

DSCN9266.jpg

花笠踊りを 末なが~く踊り続けてくださいね!


Posted by kankyo211   8 comments   0 trackback

今日から

いよいよ 花笠祭りが開催されます。
花笠祭りのパレードは、明日の夕方からですが、
本日は、山形市の目抜き通りを通行止めにして、
花笠サマーフェスティバルが行われます。

今日は、わたくし、イベントの実行委員長おおせつかっていますので、
七日町 アズ七日町付近で一日、お店のお手伝い致します。
題して 石巻応援セール 第二弾 です。
昨日は、そのイベントの告知ということでYBCのぴよ卵の街角伝言板でPRしてきました。
お時間のある方は ぜひお立ち寄りいただき 復興支援よろしくお願いします

明日からは、当店前で、3夜 お飲み物等の販売を致します。
明日は、日曜日ということもあり、早くからお客様おいでになるようです(おしかけられる?)
今年は、当店前 あのロッテリアさんも参戦されるので、賑やかになることと思います。
お時間のある方はぜひお出かけください。


あぁ~~ もう石巻の方 お出でになりそうなので 今日はこの辺で・・・


がんばっぺ東北
販売風景  朝から夕方までしっかり高温でした~
Posted by kankyo211   2 comments   0 trackback

べにばな畑

今年は、大雪に加えて、寒~~い時期が多かったせいなのか、どの花も開花がおくれているようで、
例年なら、7月初旬には、開花を迎える本県の県花である”べにばな”もすっかり遅れてしまいました。
それとは関係ございませんが、当ブログのネタも大分アップ時期が遅れております~~
例年の紅花まつりでは、べにばな娘さんが、この畑で彩りを添えてくれるのですが、
今年は、祭り前日は、ほとんど咲いていませんでした。当日は、撮影断念

べにばな
↑↓祭りの1週間後でさえも、まだまだ、ちらほら でも、若々しいべにばな、オレンジ色というよりは、
金色に近い感じの輝きが、何とも言えない美しさなのです。

べにばな (2)
↓ さらに、1週間 ちょっと後 7/25  今度は満開過ぎてました~~
なかなか、ちょうどいい時にってめぐり合えなものです。

べにばな(3)
今年はべにばな娘ならぬ べにばなおじさん・おばさんが一生懸命花を摘んでいました。
今は・・・・ ですが、 昔はべにばなに結ばれた縁なのかもしれません。

でも やっぱりべにばな娘さんをもう一度ご覧になりたい方は下記を参照してくださいね!
キレイ日記
Posted by kankyo211   2 comments   0 trackback

手を振っている場合じゃ~

なかったです~~

ってあまり大きな声では言えないんですが、
いえいえ新幹線にではありません。 
もっとも新幹線のお祝いの日にも結局振れなかったのですが~


ここは、家からバイクに乗って約15分くらいのところ 
山形市内の東側に位置する里山のふもとといったところです。
ここは”悠想の丘”という広大な森林公園でありまして、
公園全体がウォーキングコースになっており、車両乗入れはできません。
早朝は、樹々のみずみずしさが全身に感じられ、
すばらしい森林浴ウォーキングを味わうことができます。
そんなわけで、多くの市民が訪れて賑わっていますと 言いたいところですが、
早朝には、一人二人ぐらいしか、出逢うことはありません。
まるで マイガーデンのような感じなのです。善し悪しですけど。

今朝いつもの散歩道を考え事しながら歩いておりました。 

日本の将来、環境問題、経済問題・・・・ あれやこれや

↓そして いよいよこのあたりに差し掛かったときです

出会いの散歩道
    (↑ これは以前に撮った画像です。)
とてもゆるいのぼりの坂道になっており 左手の方が窪地になっております。

画像でいえば左手の樹木のあたりに、白いものを加えた黒い物体の動きを発見!!
地元紙を見ていると毎日のように、熊出没情報が載っている今日この頃
ここは、人間の整備が行き届いているところだし、熊注意!の看板もないから大丈夫だろう!
と 思い込んでいたわたくしは、その姿を見つけた時は背筋がホントぞっとする思いでした

そうなんです。
生まれで初めて、わりあい至近距離で

出逢ってしまいました~~ 熊さんに! 

そのまま180度転換 見つからないように、そ~~と引き返すことにしました。
カメラで撮ろうかなぁ~とも思いましたが、熊は足がすこぶる早いと聞いていましたから
とにかく振り向かず 静かに急いで立ち去ることに
それで、何とか無事にその場を離れる事が出来ました。
でも 後で撮れば良かったなぁ~て悔んでいますが、
ましてや 手を振るなんてとてもできません
やはり その場ではそんな余裕はないものですね~~
   実感です。

ちなみに先月は この画像の手前あたりで、日本カモシカと遭遇しました。
カモシカはおとなしく、ただじっとこちらを見ているだでした。
体は大きいのですがとても可愛らしくさえ思えました。

熊さんは、最近では里山はおろか、町の中でも出没するケースもあり、
熊と人間の住み分けに異常がおきているようです。

”出逢ってしまったら、くれぐれも騒がないで静かに立ち去る ”

これがいいようです。




Posted by kankyo211   2 comments   0 trackback

ポストのつぶやき

郵便局の前には、郵便ポストが一つと思いこんでいたのですが、
先日、朝の散歩の時に気がついたのですが、赤いポストが二つ向かい合っていました。

山形七日町二郵便局


本日 そこを再び通る機会がありましたので、撮ってきましたが、
↓こんな感じです。

新旧

イケメンくんとおじいちゃんぽすと
まるで、ライバル同士のように向かいあっていました。
ここは、山形市の繁華街 七日町にあります 山形七日町二郵便局です。

この建物 聞くところによりますと、  建造されたのは1925年(大正14年)で、
当年とって何と87歳!  関東大震災直後の本格的な耐火耐震建築物であり、
山形では鉄筋コンクリート造りの建物として草分け的存在だそうです。
ずいぶんとがっばてきたんですね~ 

ポスト (2)

レトロなおじいちゃんポストの方の看板にはこう書いてありました。

おら~ 昭和24年から
郵便局の顔として
雨の日も、風の日も、雪の日も・・・
文句ひとついわねで
みんなの大切な郵便物を
お預かりしてきたんだ

向かいのポストは最新式の
ポストなんだど、 かっこいいな~
おら~ 向かいのポストみっだいに
いっぱいは、かせがんねぐなったげんど
まだまだ現役でこれからも
かせがせでもらうからよ
安心して郵便物いれでけろな


というわけで、まだまだ若い者には負けてはいられないポストでした~



まだまだ がんばってけろな~~


Posted by kankyo211   2 comments   0 trackback

語りかける石

先日、山形市、柏倉地区というところを通った際に見つけた光景です。
思わず、しばらくの間この光景に見入ってしまいました。

おたすけ石

全然ビクともしないような、とても大きな石がごろごろしているのです。
元大地主の邸宅と思われる塀づたいに、無造作に置かれているのです。


              へぇ~~    
     って言いたいわけではありません。

いったい?何のためにこのような場所に置かれているのか疑問に思いました
そしたらご丁寧に、この石のいわれが書いてありました。

DSCN8908.jpg

なるほど!!   

今の時代、生活保護の不正受給が、問題になっておりますが

先人は 
”ただむやみに施しをしても
その人を本当に助けたことにならない”
  と言う
 
何という思いやりではありませんか


当時 本当に困っている人たちは、
真剣に この石を遠くの川原から歯をくいしばって運んできたことでしょう!
この石はここで必死に生きていくための、汗と涙の結晶だったのかぁ~

今の時代は、生活保護政策があるために、
生活困窮者でも十分に生きていける世の中になりましたけど


「それで、その人たちを本当に幸せにできるのか~~」
    って

おたすけ石が語りかけているようでした。


Posted by kankyo211   0 comments   1 trackback

山形新幹線に手を振ろう

7月1日(日) 「つばさ」に手を振ろう  !!


JR東日本の「スマイルプロジェクト」が実施されるそうです。


山形新幹線

新幹線”つばさ”に手を振る~!? 
ほだなぁ~ しょうしいごど~~ なんてやねで~さんなねごで

(※↑ 置賜ことば→日本語訳 そんな~ はずかし~なんて言わないでしなきゃ~)




元気な山形の姿を全国に発信しようと、

JR東日本は山形新幹線つばさが開業20周年を迎える7月1日に

つばさに搭載したカメラで沿線から手を振る人たちの様子を撮影する

題して「沿線スマイルプロジェクト」を実施するそうです。

つばさに手を振る
↑ こんなイメージで (PRビデオより)


 当日は、下りつばさ133号の米沢-新庄間で、午後0時23分に米沢駅を出発し、

同1時47分に新庄駅に到着。区間内の線路沿いであればどこでも参加できる。

車両の両脇に取り付けたカメラで沿線の人々の様子を撮影するんだそうです。

動画は編集の上、7月下旬ごろに同社仙台支社のホームページなどで公開。

つばさの“20歳”の節目を祝うとともに、元気な山形をPRするのが目的。


 「目立つ格好や横断幕、パフォーマンスなど大歓迎」
  だそうです。

 
↓詳しくは下記に書いてあります。

JR東日本
Posted by kankyo211   4 comments   1 trackback

くろべこまつり

山形県長井市では、恒例の”あやめまつり”がいよいよ6月16日(土)~スタート
7月8日(日)まで多彩なイベントが開催されるのです。
ちょうど さくらんぼの収穫時期とかさなり、おいしい山形のスタートの時期でもあります。

その16日に、くろべこまつりによばれて行って来ました。
会社は休みじゃなかったので・・・・ お仕事中のみなさん ごくろうさまでした。



あやめまつり
↑このようにまだあやめが咲いていなかったので HPより拝借しましたので~~


当日は、あいにくの雨模様でしたが、スタッフ方々に準備していただいたテントのおかげで、
快適に至福の時間を過ごさせていただきました。

(1セット4人分)で申し込んで 米沢牛(1Kg)  に野菜セット、地酒ワンカップ4本(箸・皿・タレ込)

 何と! 12,000円  は 安い!!

くろべこまつり 2012



屋外で、仲間と わいわい焼きながら食べる 極上の米沢牛 実に!!感激 の味でした~~

くろべこまつり (3)

↓ しかも!  43番テーブル おたのしみ抽選会で 米沢牛!ゲット!!

くろべこまつり (2)

やっぱり ”花より米沢牛”

機会があれば、来年もぜひ参加したいと思います。


Posted by kankyo211   2 comments   1 trackback

平成の改革は?

江戸時代の三大改革 といえば、

ご存じ方は、ご存じのように

八代将軍徳川吉宗の「享保の改革」
松平定信の「寛政の改革」
水野忠邦の「天保の改革」

でも、どの改革も 一般には「失敗に終わった」という評価が多いようです。

というのは

これらの改革の当時の担当者は方々は、商業政策というよりは


”幕府の収入源はお百姓さんからのいただく年貢米”

その考えから、どうしても抜け出せませんでした。



そんな、リーダーの中で

田沼意次の改革だけは違っていました。”重商主義による改革”

つまり

景気を刺激し、内需を拡大し、その結果 利を得た商人に課税しようと考えたのである。

しかし、惜しむかな、せっかくの田沼の改革が賄賂にまみれ、

”賄賂政治の田沼” の汚名を被ってしまいました。


というわけで、江戸時代に行われた、改革が成功しなかった理由はさまざま

その理由の一つに、

幕府の維持が狙いで、
庶民のことは二の次だったとの指摘もある。




平成の今、注目される改革は、

野田佳彦首相が政治生命をかけると訴える 「社会保障と税の一体改革」

その柱となる消費税増税について、

首相は与野党に事前協議を呼び掛け、やっと応じる気配がでてきたものの

党内の ※”齟齬”(そご)は否めない

わたくし的には、グローバル経済の世にあっては、もはや消費税増税は不可避だと思います

しかし、

政権の維持が狙いで、
国民のことは二の次に考える政策


という思惑での改革ならば

歴史の事実が示すように、決して成功はできないのではないだろうか


「財政再建は分かるが、国民はどうなるの」。

 その不安に首相はまだ応えていないように思うが・・・・



※”齟齬”(そご)とは「行き違い・食い違い」と言えば国民がすぐ納得するものを
  何故か一般国民にわからないようにしたいときに使う? 政治家言葉の一種